es直送カキ漁師大澤さんに会いに行きました!!

みなさんこんにちは、

もう寒いですね!! やっと北海道の冬を感じる12月♪

12月は、たくさんのイベントありますね!!

イルミネーション・クリスマス・忘年会・年越しなどなどイベント盛りだくさん!!

 

 

その中でもESオイスター&ステーキ業態では、大事なイベントがございます。

厚岸カキの旬

当店のカキは、厚岸の大澤さんから毎日直送で札幌まで届けて頂いております。

今では、札幌の飲食店でも生産者直送なども多くみかけるようになりました。

 

12月~真牡蠣のシーズンそして【旬】

そんな生産者の方は、どんな方でどんな【想い】で届けて頂いてるのかを【現地】で

体験したいと思い厚岸まで ななななななな7時間かけて視察してきました!!

 

まず牡蠣は、どこで育ててるの????

朝6時、厚岸の海に旗があがると、カキ現場への船をだしていいよとの許可!!

さぁ現地に船で出発だ~~~!!!

↓再生ボタンをタップ↓

ままままままマイナス3° さみぃ~~!!

 

さらに、それからの船のスピードが!!!!

ジェットコースター!!!より怖い。。。

70Kとのことですが!!体感130Kくらいだそうです!!

↓再生ボタンをタップ↓

大澤さんの運転技術に見とれながら

約15分!!!! 

現地到着!!

↓再生ボタンをタップ↓

海の中から大量のカキかごを回収 !!

1束約500個ほどはいっているそうです!!

そして、獲れ立てのカキを

船の上で試食!!!!!

磯の香りと海水の塩分がそのままガツンとくる旨さ!!

普段食べる牡蠣とは違い

厚岸カキ好きには、たまらない旨味です。

そして、大量に持ち帰った牡蠣を専用の水槽小屋で24時間体制管理で洗浄

さらに採った牡蠣を48時間以上水槽内で殺菌後出荷するという

しっかりとしたカキの安心安全を守る

管理体制を勉強させて頂きました。

カキ出荷まで色々なストーリーが教えて頂き、

少しだけではありますが、配送のお手伝い。

畜養水槽内でしっかり綺麗になった出荷可能となった

牡蠣だけを箱詰め。

カキ漁師さんの一日はこれからですが、

みんなでお風呂で牡蠣についてを熱く語らい

終了の記念撮影!!

毎日大澤さんは、

朝5時くらいから3時までの配送を終えるには、

大変な苦労が見受けられました。

一つ一つグラムも測り、毎日僕たちのお店まで直送

お店に届く牡蠣は、箱に入ったカキが納品されますが、

その箱の中には、ギューギューに詰まった

大澤んの熱い思い、

一つ一つを丁寧に毎日大切に育てくれる

大澤さん家族その思いがたくさん入っていました。

その想いをしっかりのせてお客様に届けて

いけるよう、

もっともっと大澤さんが

育てるきらきら光る牡蠣を美味しく

みなさんに提供していきます。

大澤さん本当にありがとうございました!!

これからも最高なカキ作ってください!!

 

すすきの オイスター&ステーキハウス es

札駅 オイスター&ステーキダイナーes で

毎日大澤さんのカキ提供しております!!

 

 

 

PAGE TOP